成功しているクリニックから学ぶこと

iGO システムやインビザラインシステムの治療の中で、スタッフの占める役割は8割にも上ります。

もちろん、治療を成功へ導く為には、歯科医師の適切な診断と治療計画の作製はとても重要ですが、

潜在的な矯正を必要とする患者様の声掛けから始まり、患者様がアライナーを適切

に確実に使って頂けるよう伝えていく力強いサポート役としてもスタッフの積極的参画は必須です。

 

仕事上、多くのクリニックと関わらせていただいている中、

『どのようなクリニックが成功しているのか』

ということをテーマで話し合うことが多くあります。

 

そこには、一つの共通点がありました。

 

先生「来週から、新しい機械を導入してみるから、できるようになってね。

メーカーの営業さんが来て説明してくれるから、問題ないでしょう。」

 

スタッフ「・・・(え?またですか?

もう今の業務でいっぱいいっぱいなのに、勘弁してよ)」

 

新しい治療法を取り入れ、先生ご自身で、頑張ろう!とやる気になっても、

実際のスタッフとはかなりの温度差があり、違う方向を見ていることって意外と多いのではないでしょうか。

 

そこで、外注して色々な研修やセミナーを受けてもらっても、意識は変わらず低いままです。

 

それはどうしてなのでしょうか。

 

 

多くの成功している歯科クリニックは、スタッフの方々の仕事に対するモチベーションが高いことが特徴です。

 

積極的に患者様と関わり、患者様を思い、喜ばれ、信頼され、だからこそ、患者様に最適な治療法をご提案できる、そのようなプラスの流れが作られています。

そこにはクリニックを成功へと導いている大きな原動力があります。

 

人は自分が一番可愛い、どちらかと言えば自分勝手な生き物だと思います。

でもその一方で、自分の行為を相手の方が喜んでくれたら嬉しいし、相手の方はそのお返しをしたくなるものです。つまり相手を思えば、自然と相手を思った行動ができるようになり、その結果、その人なりの表現で感謝や信頼が返ってきます。

 

笑顔の人を見たら、自然とこちらも笑顔になりますよね?

ぶっきらぼうな人に会えば、自然と不機嫌になります。

 

待っているだけでは、患者様から来てくれません。

待っているだけでは、スタッフは変わりません。

新規の患者様にいらしてほしいのであれば、まず自分達から率先して働き掛ける。

スタッフに変わってほしいなら、まず自分から行動を改めてみる。

 

自分から行動を起こし、自分から変えていこう、とすることで少しずつそこに流れる空気が変わってきます。

 

 

 

 

沖縄へ出張の帰り、空港近くの海辺で撮りました。

日が沈みかけ、綺麗な夕日に出会うことができました。

沖縄

iGOの治療を終えて

私は、インビザライン治療を10年前に行い、また歯の叢生が気になっていた5か月前に、iGOシステムにより治療を開始、本日治療を終えました。

歯が一度綺麗に並ぶと、また少しの叢生も気になるものですね。

今は以前気になっていた叢生がとれたことで、また歯に対する意識も改めて高くなりました。

こうなると、前回ブログで私が記事にした107歳の理容師、Mancinelli氏のように、

一生自分の歯だけで食事をいただくことができるようにしよう!と決めました。

 

若いころは全く甘いものには興味がなかったのに、最近は美味しく幸せに感じます。

数日前、友人宅で頂いた「あ、美味しい!」と思ったクッキーがありました。

そのクッキーを頂いたあとに、そこに刻まれた綺麗な歯型のアーチを見て小さな幸せを感じました^^

 

ちなみに美味しいと思ったクッキーは、本実堂のHONMIDOサンドです。

ご興味ある方は一度お試しください^^

honmido_01

 

世界で最年長の理髪師、歯は全て自分の歯!

今回は、NY TIMESに10月7日に載った記事で、「世界で最年長の理髪師さん」Mancinelli氏のお話をしたいと思います。Mancinelli氏は107歳。

the oldest barber in NY

97歳からずっと最年長の理髪師としてギネス賞を獲得し続けていらっしゃるそうです。

週5日お昼から午後8時まで今もなお、お客様の髪を切り続けて、現役にご活躍です。驚くことに、医者にはHealth Checkで行くけれど、投薬なし。

更に、Mancinelli氏の歯は全てご自身の歯です。

自分のことは自分でする、と言うご信念のもとMancinelli氏は

今日も変わらずに理髪店「Fantastic Cuts」に立ちます。

https://www.nytimes.com/2018/10/07/nyregion/worlds-oldest-barber-anthony-mancinelli.html

歯並びに対する意識の向上

歯並びの話題では、よく欧米と日本が比較されます。

 

欧米人は歯並びに対する意識が高く、「歯並びを綺麗に整える」というのは、親が子に対する教育の一つであると考えられております。また、歯並びが良いことで多くのメリットがあることが浸透しています。

 

私は、もう10数年前の話になりますが、アメリカのニューヨークに7年ほど住み、学生と社会人の両方を経験しました。ニューヨークは様々な国籍の方が住んでいることから、よく「melting pot」と言われます。 その中でもみな歯並びは非常に良く、自分達の笑顔には自信を持ち、笑う時は思いっきり奥歯まで見えるくらいに口を開けて笑っていました。その表情がとても綺麗だったのを覚えています。

 

ようやくここ最近になって日本人の歯並びに対する意識が変化してきているように感じています。大きく変わったのは、親の子供の歯並びに対する意識です。自分の子供には歯並びを綺麗にしてあげたいと思う親御様がとても増えてきました。

しかし、子供にはケアをしてあげても、まだ親御様ご自身は諦めているか、歯並びが悪いことが特段問題としていない方が多いように感じます。

 

歯並びが良いことでどのようなメリットがあるのかを患者様へ伝えていく役目は、歯科医師や歯科衛生士などの歯科医療従事者です。将来入れ歯やインプラントをしなくてはならない状況を避けるために、患者様へ歯並びの良いことの大切さ少しずつ広げて、啓蒙をしていきましょう!

Smiling women
Smiling women

 

 

APAC invisalign Summitで松岡伸也先生が表彰されました!!

6月1日、2日とシンガポールで行われたAPAC インザラインサミットで松岡伸也先生が治療完了した症例が2000を超えたことで表彰されました!!

写真 2018-06-05 10 46 35

 

アラインテクノロジー社のテクノロジーは留まることを知らず、今日よりは明日、明日よりは明後日と日々革新を続けております。

口腔内スキャナーiTeroに補綴モードが導入され、歯科医師と患者様双方により快適且つ緻密な治療の提供できること、間違いなしです!